fbpx

自社開発した製品、または店舗で扱う商品を全国の人が購入できるようにすれば、ビジネスのチャンスが拡がります。
近隣の人には直接来店を促し、遠方の方には通販をご案内するように設計したら、たとえ接客中でも売上アップが期待できます。

モール型通販(マーケットプレイス)

Amazonや楽天市場を代表とする、ショッピングモール型通販サイトです。多くの出店者で溢れ、商品も多くありますので、購入しようと多くの人が訪問しますが、その分ご自身の商品が紛れてしまい、売れづらいというデメリットがあります。またショッピングカートに入れた上で、他社の類似商品と比較し、そのまま購入に至らないケースも多くあるため、価格競争や付加価値を多くつけるというコツも必要になります。そこを考慮した戦略があれば、すでに多くのお客様がいるところへ出店できるため、売れ始めるのも早くなります。

自社通販システム導入

ホームページと同様、通販サイトを自社専用で作ることもできます。興味があって訪問したお客様がしっかりと読んでくれるという利点があります。共感を得られれはモール型通販と比べて購入してくださる方も多くいらしてるのが魅力ですが、まず自社通販サイトへ訪問してもらうことが、最大の難関でもあります。ホームページ以上に検索で上位を狙うのが難しいのがデメリットではありますが、自由自在にカスタマイズをできるので、特殊な販売戦略で展開する際には、必要不可欠になります。個性のある商品を開発したメーカーにおすすめです。

自社サイトに決済システムを組み込む

通販サイトを持たず、今ある自社のホームページにショッピングカート機能を組み入れることができます。SEOを高めつつ、商品の購入までも行えるため、効率が大変よくおすすめです。ただ、決済システムを導入するだけなので、商品の売れ行き分析やメールマガジンなどの機能は持っていません。複数のサービスを組み合わせて導入をしていくため、管理がすこし煩雑になります。費用対効果は一番高いです。

モール型 自社通販 自社サイト
利用者数
購入される難易度
独自性 ×
管理の難易度 ×
SEO強化

投稿日:

Copyright© NODOCA , 2020 All Rights Reserved.